現場状況リポート SITE SITUATION

N&Sホームのスタッフたちが、
最新の現場をお伝えします。

現場状況リポート 現場状況リポート

2016.6.13

大津市Y様邸 地盤保障30年

こんにちは!

今日も天気が良く工事が着実に確実に進んでます^^v

☆感謝☆

 

そんな中、今回のレポートは地盤改良工事!!

IMG_2153

『天然砕石パイル工法』ってご存知ですか?

地盤改良工事はさまざまで『表層改良工事』

『柱状改良工事』『小口径鋼管杭工事』など

があります。地盤調査の結果により改良工事は

変わります。もちろん改良工事が必要なほど

工事費用は加算されるわけです。。。

しかし!

地盤に【安心感】がなければどんな強固な家を

建ててもダメなんですよね(´;ω;`)ウゥゥ

だから今日のレポートは重要です(`・ω・´)

長文レポートですがキッチリお伝えします!

 

そんな大切な地盤改良工事の現場レポート!!

 

今回の地盤改良工事は柱状改良工事…

一般的にはセメントミルクを柱状に形成し

地面との摩擦で家の基礎を支える工事が

一般的に施工されています。が、今回施工は

『天然砕石パイル工法』以下にレポートを

続けますね!φ(`д´)

IMG_2150

わかるかな?(;^ω^)

四角い木の下に目印が養生してあって、

そこに改良工事を施しますよ!

IMG_2151

こんな重機でグリグリグリ……Σ(゚∀゚ノ)ノ

IMG_2152

そのまんま抜き取ると…こんな状態…

IMG_2155

深くて底が見えないけど、しっかり支持層

まで掘り進んでますよ(`・ω・´)ゞ

 

そこに『天然砕石』を流し込み(しっかり

転圧=押して圧力を加えて強固にします)

固めていくのです!

IMG_2157

こんな風にです。

 

で、地面に近づくと…

IMG_2163

こうなって

IMG_2168

完成です!\(^o^)/

 

※ここから重要!今回のレポートのまとめ※

一般的な地盤改良工事の保証期間は10年間。

今回施工の工事なら30年間Σ(・ω・ノ)ノ!

しかも…一般的な柱状改良工事の工法で施工

すれば再建築の際にはお邪魔になる可能性が

あるのです(+_+)ということは…費用が増える(´;ω;`)

しかし今回の『天然砕石パイル工法』なら

そんな問題も解決っ!!\(◎o◎)/

◆環境保全型地盤改良HySPEED工法◆

注文住宅をご検討の方は記憶の片隅にでも

覚えておいてくださいね!

☆詳しく知りたい方はご連絡ください☆

 

では、今回のレポートはこれまで。

 

次回もおたのしみにぃ~っ!(@^^)/~~~